2つ目のタイトル

とても久しぶりの更新になってしまいました。仕事が順調なのはいいのですけどね。師匠はもっと忙しくてRMUの大会にもいけていないようです。

そんななかで、天鳳でも有名な比嘉秀仁プロが本を出され、出版を記念した大会が天鳳で開かれました。以前も比嘉さんにはツイッターなどでアドバイスを頂いたりして、プロの中でも親近感がありましたが、比嘉さんが東京にいらした時に、師匠がわざわざ比嘉さんに時間を割いて頂いて一緒に麻雀を打っていただいたなんて話を聞き、これは参加しないわけに行かないということで参加させていただきました。

大会は連続5戦の最大得点を競うという、いつもの天鳳のイベントで行われている方式です。

最近天鳳に復帰したのですが、全然ダメで、4段からも落ちそうなくらい惨めな成績だったので全く自信がありませんでした。その中で3着、2着と進んだ三戦目。天鳳位タケオしゃんと同卓。

やはりパッとせず、前局親に大明槓からの嶺上開花なんて離れ業をされて、闘争心も萎えかけきたときにやっといい手が入り聴牌即リーチしてツモれました。

1300-2600で団子状態で親を迎えると思っていたら。

裏裏で跳ね満になりました。しかし上家は7段、下家は天鳳位。普段は対戦できない鳳凰卓のプレーヤー、油断はできません。迎えたオーラス、七対子の和了りを逃した上に二軒リーチ。なのに親のタケオしゃんに放銃してしまいました。

辛くも逃げ切れ初トップ。その後も連勝して3連勝。5戦消化しましたが、まだまだです。そして6戦目。ここでもツモられツモられでジリジリ点を減らした中で、こんな聴牌が入りました。

流れとか言ってはいけないのですけど、対面の4mポンでこの6pがザクッと入りました。とてもいい感触です。9pが入るのとは雲泥の差です。そして

一発ツモ。更に

6pが裏ドラで倍満。これは気持ちよかったです。これで4連勝。321111と来てて、この時点で

ここまでくればもう後1戦やるしかありません。今度は怖くないおさんと同卓になりました。しかも対面さんも7段。最後の試練です。東1局に3900をあがっての親番。ドラ、ダブ東、發が対子。その上赤5sまであり、親満以下がありえない好手牌です。そして下記のようになりました。七対子にいけそうです。

しかし、萬子をうだうだかぶっている間に怖くないおさんにツモられ親を流されてしまいました。親がないなかでトップを取るには、なんとか和了りをモノにしなければなりません。そして次局

456の三色が狙えそうです。しかし門前で三色になればいいのですが、鳴けば安いし456の三色は和了りにくいです。なによりドラが飜牌の發。もし持ってきたら使えるかどうか。

第一ツモが5s。これもめちゃめちゃいい感じです。

そしたらなんと、發をたて続けに自摸ってきました。これで456の三色でも索子の多門張でもいけそうです。大チャンス。そうしたら

發が重なってすぐ、怖くないおさんから發が打ち出されました。9段の方がこんなに早くドラの飜牌を打ってくるなんて、よほどいい手が入っているのだと思いましたが、私もこれでポン聴、負けるわけには行きません。そうしたら、怖くないおさんではなく下家の親からリーチがはいりました。普段の天鳳の段位戦であれば、親リーに向かわないほうがいいのだと思います。しかし、ここで引いてしまって親に和了られるとトップはほぼ絶望になります。つまり優勝も絶望になります。もちろん、また一からやり直して5連勝すれば可能性はありますが、現実には難しいです。ここではもうゼンツしかないと前に出ました。

この日はポイントポイントで裏裏になったり、こういう時も和了れたりで、運が味方してくれました。これでトップは見えましたが、得点を競う大会なのでできれば追加点が欲しいです。そしてオーラス

最終盤でこんなチャンス手が。このままでも満貫。リーチして自摸れば跳ね満。4p上乗せできますが、リーチして和了りを逃したりすると水の泡。結局ダマを選択。

ほんとうに最後までついていました。そして

暫定一位。まろちょふさんから、最初のトップが小さいのでもう一回打ったらどうかというアドバイスをいただきました。私も悩みましたがもう限界にちかかったのと、まくられたらまくられたで仕方ないと思ったのでこれで終了しました。果報は寝て待てです。

なんとか逃げ切れました。よく見ると二位の方と9p差。最後の満貫ツモがメチャメチャ大きかったんですね。

私が天鳳を始めて、初めて優勝したのが第一回天女杯。それ以来優勝なんて別の世界の話だったのですが、まさかこんな形で2つめのタイトルが取れるとは、私自身が驚いています。師匠もまぐれだからって言ってますが、そのとおりだと思います。でもそう言われないようにしないといけないですね。

http://tenhou.net/0/?log=2015070521gm-0001-10011-55163eb1&tw=2
http://tenhou.net/0/?log=2015070521gm-0001-10011-5c8022f2&tw=0
http://tenhou.net/0/?log=2015070521gm-0001-10011-f40e6996&tw=2
http://tenhou.net/0/?log=2015070521gm-0001-10011-e8d05190&tw=0
http://tenhou.net/0/?log=2015070522gm-0001-10011-21ccff64&tw=1

優勝して特上から落ちるんですねと思われる方はクリックブログランキング


ブログ削除の危機

お久しぶりです。最近、円安が加速しているのですが、そのアオリなのか、ドメインの値段もあがるそうです。このブログも
furyool.com
というドメインいただいていますが、毎年更新してもらっています。

でも、最近更新をサボっているため、とうとう師匠から消すぞという脅しを受けてしまいました。

なかなか麻雀も打てずなのですが、なんとか更新、そして麻雀も続けていきたいと思いますので、見捨てないでくださいね。

手抜き更新で延命乙と言われる方はクリックブログランキング



師匠サイト

最近はカラオケばかりやっているかと思ったら、こんなサイトを作っていました。

http://www.1klab.com/karaoke/

おまけに、休みの日にわざわざ電話かけてきて紹介しろとか、一体うちの師匠は何を考えているんだか・・・

というわけで、役目は果たしました。

お前の都合で師匠呼ぶくせに冷たくね?と言われる方はクリックブログランキング


堀内プロ日本プロ麻雀連盟退会

今日はショッキングな事件がありました。
堀内正人プロが、日本プロ麻雀連盟を退会したのです。

堀内プロのブログ
http://ameblo.jp/horiuchi0104/

載っています。あっさりと報告だけが書いてあるので、堀内プロがどう思われているのかはわかりません。そこで、そのあたりの背景を師匠に聞いてみようかと思います。

——————————————————————

今日はお忙しいところありがとうございます。今朝の堀内プロの件についてお聞きしたいと思います。

朝からメッセガンガン飛ばしてくるかと思ったらやっぱりこれか!そんなことで忙しいオレを呼び出すじゃない。

ウソばっかり、昨日だってカラオケなんか行ってたくせに。

昨日は昨日だ。それも一時間しかやってねぇ。

そんなことより、堀内プロの連盟退会について聴かせてください。

そんなのオレにわかるわけないだろ。ホーリーに聞けばええやん。

それができないから言ってるの。

でもさ、オレに聞いても合ってるかなんてわからないぜ。関係者に聞いたわけでもないんだし。

たとえば、部下が辞めたときの上司の立場とか気持ちみたいな一般論でもいいです。

そんなのでいいのかわからんがね。まあ、堀内が辞めるかもっていうのは、謹慎処分が下った時からある程度予想されたことで、ツイッターでもいろんな人が言っていたよね。それが実行に移されたんだよね。

これってやっぱり上層部の圧力なんでしょうか?

此処から先のことは全てオレの憶測だから、合ってるかどうかわからない。それを前提に聞いてくれ。

はい。

で、オレが思うに、圧力なんてないと思う。堀内プロ自身が自発的に辞めたと思っている。

そう思うわけは?

圧力までかける意味もメリットも連盟にはないから。

でも、十段位もとったわけですし、ネットでの人気もあるんですよ?

取ったと言っても一回だけだし、それもこの前の処分でなかったことになっているよ。それにネットでの人気っていうのはどんなものかっていうのも信用ならない。君のような若い人たちの一部が応援しているだけといった方がむしろ正しいんじゃないの?森山さんにしてみたら、

「堀内辞めたの?ふーん」

くらいしか思っていないと思うよ。

それならなぜ、今になって辞めたんでしょう?

心折れたんじゃないかな。4月に一年間の出場停止処分受けたってことは、まだ半年残っているわけだ。今までの半年だってかなり長いのに、更に半年待つのは耐えられないと思ったんじゃないかと思う。もし、半年の処分だったらまもなく解禁になるんだから、辞めることはなかっただろうね。

なるほど。それで、この後どうなるんでしょうか?他団体に移籍とかあるんでしょうか?福地センセのブログ見たら、師匠も参加しているRMUの名前がたくさん挙がっていましたが。

これは予測つかないな。ホーリーだけの問題じゃないからね。受け入れる側の問題もある。

連盟との関係が悪くなるということですか?

それはない。さっきも言ったけど、森山さんはそんなの意に介してないと思うよ。

ではどういうところが?

たとえば名前のあがったRMUだが、入会は恐ろしく楽だ。ライト会員やアスリートは、合格するのが前提になっているといえるくらい入るのが楽だ。しかし、堀内がアスリート希望ってことはないだろ?

やっぱりプロですよね。

だろ?ところが、こんどはRMUでB級ライセンスプロになるのが恐ろしく難しい。RMUにはライセンスプロとアスリートが一緒になって戦う、Rリーグというのがある。ここで好成績を残している人でも、なかなかライセンスプロになれていない。オレがRMUの大会やオープンリーグ(これはライト会員以上ならだれでも参加できる。今年は他団体にも門戸が開かれ、オープン過ぎるオープンリーグになっている)に参加するようになってから、まだ1人もライセンスを取った人がいないと記憶している。また、BからA、AからSとランクアップした人もいない。唯一多井さんがS級からSS級になっただけ。それくらいプロ認定が厳しい団体だ。

RMUといえば、最高位戦クラシックなど、他の団体の試合にでても強いですよね。

そこにはこういった厳しいシステムがあるからだろうと思われる。そこでだ、連盟の元十段の肩書はあるけど、いきなりB級からスタートっていう特例を認めるかどうか?それを多井さんの独断では決められないと思う。阿部さんや藤中さんと言った幹部の意見も聞くだろうし、選手の意見も耳に入ってくるだろう。まあ、河野さんは何も言わないだろうけど(笑)

いいんですか?河野さんのことをそんな風に言って。

当然、、ブログには書かねぇだろ?
(すみません、面白うそうなので書きます(゚∀゚)

組織のトップはそういう例外の横車を押してはいけないんだよ。多井さんはそういうことわかっている人だしね。じゃあ、堀内アスリートからでよろしいですか?ってなったら、それも微妙だろ?なら連盟に残った方がいいだろうよ。これと同じことは、麻将連合にも言えそうだね。堀内ツアー選手ッて訳にはいかないと思う。だから、もしも可能性があるとしたら、最高位戦か協会しかないんだろう。そこでプロとして最下位リーグからスタートならまあ、わからなくもないけど、どうなんだろうね?オレは入らなさそうな気がするんだけどね。もっとも、同年代で仲のいい渋川などに誘われて入るって可能性もゼロではないんだろうけど、ほんと、わからないよ。

なるほど。ところで、同じく福地センセにあった、堀内プロが連盟の暴露話をして欲しいっていうのがあるのですが、これについてはどう思われますか?

もし堀内が今後も競技麻雀をやっていくつもりなら絶待やらないだろうし、またやるべきじゃないだろうね。考えてみ?辞めたところの話を暴露するような選手を取るところなんて絶待にないぞ。もし、獲得した後またもめて、で、退会ということになったら、今度はその牙が自分たちに向くんだから。そんなやつを取るわけはない。

たしかにそうですね。社長は、面接の時でも、前の会社の悪口ばかり言う人は取らないですものね。

それと似ているな。逆に言うと、福地先生みたいにフリーの立場でアンチ連盟ってことで色々書いてくれると面白いんだけどね(笑)

もう堀内プロの勇姿を見ることはできないんでしょうか?

冷たいようだけど、それは堀内次第っていうしかないね。君たちファンがツイッターやコメントで応援し続ければもしかしたら復活するってこともあるかもしれない。

そうですね。私はずっと応援します。

ストーカー乙

うるさい!

——————————————————————————-

大体予想できた答えでした。やっぱり私達はずっと応援するしかないんです。頑張ってください、堀内プロ!

で、あなたは麻雀やってるの?と言われる方はクリックブログランキング


少しずつ

最近また少しずつ天鳳を再開してます。
特上の右4が最近活況のようで、すぐに卓が立って嬉しい限りですね。

昨日は久しぶりにNISHIさんとも対戦出来ました。その中で会心の一撃。

対面にドラポンが入り、ピンチのところでグッドタイミングの山越5-8萬聴牌。もしかしたらNISHIさんが現物(筋)を頼ってくれるかもと思いこっそりとダマ。以前なら気合だとばかりにリーチなんてやっていましたけど、少しは成長できたかな。

この和了りで一旦はNISHIさんを交わすことができましたが、最終的には2着でした。まだツメが甘いです。
今5段原点を超え、もう少しで6段に戻れそうです。今度こそはというつもりでがんばります。もちろん今夜もうちます。対戦することになりましたらよろしくお願いします。

そんなに甘くないよっていう方はクリックブログランキング


1 2 3 4 34